ダイエット 食 ダイエット 食 方法 コツ

痩せ体質を手に入れるための納豆のたれの代用

更新日:

発酵食品である納豆は体にいい!

というのは多くの方が知っていることだと思います。

 

今日は納豆を食べるときに

より体が喜び痩せ体質を手に入れるコツをお伝えいたします。

 

 

こんにちは。
ニューヨーク発!
30代からの一生太らない食のマインドを創る
クリーンダイエットコーチ 平野優子です。

Clean eating(クリーンイーティング・食)
Clean sleeping(クリーンスリーピング・睡眠)
Clean exercise(クリーンエクササイズ・運動)

という3つの要素から、

「痩せ体質」と「幸せ体質」を手に入れて
終わらないダイエットから卒業する方法
をお伝えしています。

 

納豆が体にいい!というのはとても有名ですね。

中には「毎日食べるようにしています」

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

今日は納豆を食べるときに

より体が喜び、痩せ体質を手に入れるコツをお伝えいたします。

 

 

納豆のパッケージをあけると

かなりの確率で入っている納豆のたれ

 

 

 

納豆に、このたれをかけていただくという方も

多いかと思いますが、このたれの中身を意識したことはありますか?

 

納豆の原材料を見ると商品によりいろいろですが

以下のようになっています。

<納豆>

大豆(国産)(遺伝子組換えでない)、納豆菌

<たれ>

果糖ぶどう糖液糖、食塩、本醸造しょうゆ(小麦・大豆を含む)、醸造酢、砂糖、植物たんぱく加水分解物(大豆を含む)、かつおだし、魚エキス、昆布だし/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、アルコール、ビタミンB1

 

「納豆」だけみたらとてもシンプルですが、

 

1番多いのが

甘味料の「果糖ぶどう糖液糖」。

果糖ぶどう糖液糖についてはこちら

 

ちなみにビタミンB1は栄養を添加する目的ではなく

保存目的です。

 

 

天然のビタミンB1には抗菌作用はないので

人工的につくられた「ラウリル硫酸塩」というもの。

 

 

せっかく納豆が体にいいと思って食べていても

たれをつけていたら、

体が喜び、痩せ体質を手に入れられる選択

ではなくなってしまいます。

 

 

では納豆のタレの代用品として何をかけたらいいのでしょうか?

先日のクリーンダイエットコーチ的納豆の食べ方はこちらです。

・ゴマ油

・オリーブオイル

・しょうゆ

・しお

上記のものを少量ずつかけて

いただきました。

 

・・・とっても簡単。

 

 

上記のもの以外にも

キムチをのせたり、

ねぎをのせたり、

ペッパーでいただいたり・・・

というように、いろいろなバージョンで楽しめるので

是非クリーンな納豆を楽しんでみてくださいね。

 

 

美味しく楽しく体の喜ぶ選択を繰り返して

痩せ体質と幸せ体質を手に入れましょう♪

-ダイエット 食, ダイエット 食 方法 コツ
-, , , , ,

Copyright© 30代からのクリーンダイエットコーチング|大阪難波にある女性のためのダイエット相談室 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.