ダイエット 食 ダイエット 甘いもの おやつ ダイエット 食 方法 コツ

痩せ体質はこの食べ物でつくる

更新日:

スーパーで買い物をするとき、

食べ物や飲み物、おやつを選ぶ基準はなんでしょうか?

 

今日は痩せ体質を作るために欠かせない

食べ物の選び方のコツを一つご紹介します。

 

 

こんにちは。
ニューヨーク発!
30代からの一生太らない食のマインドを創る
クリーンダイエットコーチ 平野優子です。

Clean eating
Clean sleeping
Clean exercise

という3つの要素から、

「痩せ体質」と「幸せ体質」を手に入れて
終わらないダイエットから卒業する方法
をお伝えしています。

 

 

スーパーで買い物をするとき、

食べ物や飲み物、おやつを選ぶ基準はなんでしょうか?

 

今日は痩せ体質を作るために欠かせない

食べ物の選び方のコツを一つご紹介します。

 

 

今日のコツは「コーンシロップが入っているかどうか」

 

 

果糖の割合により呼び方が変わる場合もあり

『果糖』『果糖ぶどう糖液糖』『高フルクトースコーンシロップ』『異性化糖』『ブドウ糖果糖液糖』『果糖ぶどう糖液糖』など様々な呼び方がされています。

 

 

中でも『果糖』なんて、原材料に表記されていたら

「果物からとっているのかな。自然な感じがして体にによさそう。」

なんてイメージも沸きやすいかもしれません。

 

 

でもね、このコーンシロップ。

肥満や高血圧、糖尿病などの原因として

私たちの健康を脅かす存在ということで

アメリカでは使用禁止の運動が広まっているもの。

 

 

 

原材料はコーンシロップという名前の通り、

とうもろこしが大部分を占めているのですが、

こんなふうに作られています。

 

とうもろこしのでんぷんを科学的に分解してぶどう糖の液にする

そのぶどう糖の液を酵素またはアルカリと反応させ、ぶどう糖より甘味の強い果糖に変化させる

 

とうもろこしが原材料と聞くと、

「あの美味しい私たちが大好きな甘くてお美味しいとうもろこしかしら♪」と思いきや、

この原材料のとうもろこしが、なかなかの困ったさん。

 

85%以上が遺伝子組み換えを占めている

といわれている輸入とうもろこしが使用されています。

 

 

遺伝子組み換えの技術はできてからそんなに長い年月が経過していないので、

安全性が確認できていないのが正直なところ。

 

 

ガン、腫瘍、アレルギー、不妊症などの病気を招く恐れがあるとも言われています。

 

 

 

そして、このコーンシロップは

「遺伝子組み換えかどうか」の表示義務はありません。

 

なので原材料表示をみても

どれが遺伝子組み換えでどれが遺伝子組み換えでないのか分からないのです。

 

 

 

さらに、原材料として使われているトウモロコシは

いつものスーパーに並んでいるトウモロコシではなく、

大量生産するために遺伝子組み換え技術を使って作られた栄養もほとんどなく、美味しくないという

非常に安価で質の悪いとうもろこしが使われていることがほとんど。

 

 

質が悪く安価、

つまり普通のお砂糖よりも原価を抑えることができるので、

多くの食品に使われています。

実際に平成25年に行われた調査では、

メーカーの使用理由として「製品の甘み付けのため」「液状で扱いやすいため」だけでなく

コスト削減のため」が挙げられています。

 

(平成25年の調査では上白糖の仕入れ価格は1キロ180円程度なのに対し、コーンシロップは140円前後。)

 

畜産産業振興機関ホームぺージより

 

では、このコーンシロップ。

体に入れたらどうなるのでしょうか?

 

・ブドウ糖(ごはんやパン、麺類、イモ類などに含まれているエネルギーの源)より満腹感を得にくいので、もっと食べたい!という気持ちになり依存性を高めてしまう

・老化や病気(動脈硬化や白内障、腎臓病や神経障害、脳梗塞や心筋梗塞など)の原因と言われている糖化を引き起こしやすい(なんと砂糖の10倍!

・ほとんどが肝臓で代謝されるので血糖値は上昇しにくいが、余った糖をすぐに肝臓で中性脂肪として合成させてしまうので、肥満や糖尿病などを招いてしまう

 

体によろしくないものとして定着しつつある

「白いお砂糖」のほうがまし!

なんて言われていたりもします。

 

 

ちなみに同じ果糖でも、

果物や野菜に含まれている果糖は、

食物繊維や他の栄養素が豊富に含まれているのでゆっくり吸収されますし、

体にもきちんと栄養を与えてくれるので、ご安心を♪

 

 

さて、そんなコーンシロップ。

健康やヘルシーをうたっている商品にも含まれていたりします。

 

 

そういう商品を見ると、

「売れそう!」「原価を抑える」 というところばかりを優先しすぎてしまい、

それを買う人の体のことは本当の意味で考えていないんじゃないかなと思い、

少し悲しくなります。

 

 

なので、大切なのは見た目(パッケージ)じゃなくて中身(原材料表示)♡

 

ということで、

購入する時は是非商品の裏の原材料表示をチェックして購入しましょう♪

 

原材料表示を見ると、作り手がなにを思って、その商品を作っているのか。

つまり、本当に体にいいものを届けたいと思ってその商品を作ったのか

それとも売れそうだから健康をうたって作られているのか ということが伝わってきます。

 

 

パッケージやうたい文句に惑わされるのではなく、

なにが本当に価値のある商品かということを見極める力は

知ることでどんどん身に付けることができます。

 

 

是非スーパーに行かれた際に

どんなものにコーンシロップが使われているのか

探してみてくださいね♪

-ダイエット 食, ダイエット 甘いもの おやつ, ダイエット 食 方法 コツ
-, , , , ,

Copyright© 30代からのクリーンダイエットコーチング|大阪難波にある女性のためのダイエット相談室 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.