ダイエット 睡眠 ダイエット 睡眠 方法 コツ

ダイエットに効果的な睡眠時間は何時間?

更新日:

睡眠とダイエットは切り離せない関係。

痩せ体質を手に入れたいと思ったら、睡眠も味方につけるのが近道。

では何時間睡眠がダイエットにとって

1番効果的なのでしょうか。

 

 

こんにちは。
ニューヨーク発!
30代からの一生太らない食のマインドを創る
クリーンダイエットコーチ 平野優子です。

Clean eating
Clean sleeping
Clean exercise

という3つの要素から、

「痩せ体質」と「幸せ体質」を手に入れて
終わらないダイエットから卒業する方法
をお伝えしています。

 

 

ここ2日に渡り、睡眠とダイエットの関係について書いてきました。

寝る時の○○は太る元!?

痩せ体質は寝ながら手に入れる

 

 

 

前回の記事では

睡眠時間が短いと食欲が増すホルモンが増え、

逆に、食欲を抑えるホルモンが減ってしまう・・・

ということについて書いていましたね。

 

今日はその続き。

 

具体的に睡眠時間によってどんな変化があるのか

見ていきたいと思います。

 

 

2004年に行われた研究で

500人の男女を13年にわたって調査したところ、

1日の睡眠時間が8時間の人よりも、

7時間より少ない睡眠時間の人のほうが8倍も太りやすかった

という結果が出ています。

 

 

次に、アメリカのコロンビア大学が1万8000人を対象に調べた研究では

7時間睡眠の人よりも

6時間睡眠の人の肥満率は23%高く

5時間睡眠の人は50%

4時間睡眠では73%も高い

 

というデータが出ています。

 

他にも

アメリカのスタンフォード大学の研究では、

睡眠5時間の人は、8時間の人に比べ、

食欲を抑えるレプチンの分泌が15.5%減り

食欲が増すグレリンの分泌が15%程度増えた

という結果が。

 

 

さらにシカゴ大学の研究では、

食欲が増すグレリンの量を

睡眠4時間と10時間で比較すると、

4時間の方が30%近くも増える

という結果になったのです。

 

 

 

では「たくさん寝たら痩せるんだ!」

というとそう言うわけでもなく

中には9時間を超えると逆に太りやすくなるというデータも出ていたりするので、

いろいろなデータをみても

7~8時間の睡眠時間が最も痩せ体質を手に入れやすい

なのではないでしょうか。

 

でも忙しいと

なかなか睡眠時間を長く確保するのが難しかったりします。

 

クリーンダイエットでは

次の日に疲れを残さない質の高い睡眠、クリーンスリーピング

寝ながら痩せ体質を作っていきます。

 

 

今後は、少ない睡眠時間の中でも

質を高めていく方法も少しずつお伝えしていきますね。

 

 

まずは7~8時間睡眠を意識して

痩せ体質を手に入れていきましょう。

-ダイエット 睡眠, ダイエット 睡眠 方法 コツ
-, , , ,

Copyright© 30代からのクリーンダイエットコーチング|大阪難波にある女性のためのダイエット相談室 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.