ダイエット 食 ダイエット 食 方法 コツ

和食でクリーンイーティングを取り入れるコツ~お砂糖の選び方~

更新日:

クリーンダイエットで欠かすことができない

クリーンイーティング。

 

クリーンイーティングと聞くと、

特別なもののように感じるかもしれませんが

私たちに身近な「和食」でも簡単に取り入れることができます。

 

今日はそのコツ、お砂糖の選び方についてお伝えいたします。

 

 

こんにちは。
ニューヨーク発!
30代からの一生太らない食のマインドを創る
クリーンダイエットコーチ 平野優子です。

Clean eating
Clean sleeping
Clean exercise

という3つの要素から、

「痩せ体質」と「幸せ体質」を手に入れて
終わらないダイエットから卒業する方法
をお伝えしています。

 

 

 

かぼちゃの煮物を作るときに使う材料は

・かぼちゃ

・出汁

・しょうゆ

・みりん

・砂糖

 

昨日、一昨日と「出汁」と「みりんとしょうゆ」について説明しました。

 

↓これまでの記事はこちら↓

クリーンイーティングを和食に取り入れるコツ

和食でクリーンイーティングを取り入れるコツ~醤油とみりんの選び方~

 

 

今日は最後の調味料

「お砂糖」についてです。

もし白砂糖を使われていたら要注意。

 

白砂糖は血糖値を上げる速度が速いので

もっと食べたいという衝動に駆られてしまったり

体を酸性に傾けてしまい、老化や病気の原因に。

 

 

また、作る段階で精製される白砂糖は

本来さとうきびにあった栄養もなくなってしまっています。

 

すると糖を代謝するのに必要なビタミンB1を

体の中から奪ってしまうことになり、

気持ちが落ち込みやすくなったり、疲れやすくなったり、

むくみやすくなってしまいます。

 

そこで、

クリーンダイエットでは

精製段階の限りなく少ない甘味料をオススメしています。

 

何種類かありますが

煮物のときは「ココナッツシュガー」が使いやすくておすすめです。

 

 

ココナッツシュガーは

血糖値のあげる速度も緩やかで

ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養も豊富。

 

この2つのお砂糖の違いをまとめると

白砂糖

・「もっと食べたい!」という依存性が高い

・体を酸性に傾けてしまい、老化や病気の原因に

 

・ビタミンB1不足になり、

気持ちが落ち込みやすくなったり、

疲れやすくなったり、

むくみやすくなったり

 

ココナッツシュガー

・血糖値の上昇がゆるやかなので体に蓄積されにくい

・食物繊維で便秘解消

・ビタミンB郡やアミノ酸が豊富なので安眠効果やストレス解消

 

同じ「かぼちゃの煮物を食べる」という行動でも

調味料の選び方だけで体に与える影響は大きく異なりますね。

 

 

せっかく食べるなら

美味しくて心が喜び

体にとっても喜ぶ選択をしましょう♪

 

この選択の繰り返しが

あなたや大切な方の

これからの体をつくっていくのです。

 

 

ちなみに、

ココナッツシュガーは

ココナッツ独特の風味もないので他の食材の邪魔もしないので

使いやすいですよ。

 

 

かんたんにできるコツを取り入れて

クリーンイーティングで

痩せ体質と幸せ体質を手に入れましょう♪

-ダイエット 食, ダイエット 食 方法 コツ
-, , , ,

Copyright© 30代からのクリーンダイエットコーチング|大阪難波にある女性のためのダイエット相談室 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.