ダイエット 睡眠 方法 コツ ダイエット 睡眠 質

良質な睡眠には太陽の光が欠かせない!

更新日:

今日は昨日の続き!
体内時計を毎朝リセットし、
良質な睡眠をとるために
大切なものがあります。

それは太陽の光。

なぜ、太陽の光が良質な睡眠をとるために必要なのか。
そして、どのようにして太陽の光を浴びたらいいのか
お話しします。

 

 

ニューヨーク発!
30代からの
一生太らない食のマインドを創る
クリーンダイエットコーチ
平野優子です。

 

Clean eating(クリーンイーティング・食)
Clean sleeping(クリーンスリーピング・睡眠)
Clean exercise(クリーンエクササイズ・運動)

という3つの要素から、

「痩せ体質」と「幸せ体質」を手に入れて
終わらないダイエットから卒業する方法
をお伝えしています。

 

 

 

 

昨日は「トリプトファン」が含まれた
食べものを朝にとるといいですよー♪

というお話をしました。

 

 

でもトリプトファンをとっただけでは
体内時計をリセットするためには不十分。

 

もうひとつ大切なものがあります。

 

 

 

それは、
「太陽の光」です。

clouds-3030063_1920.jpg

 

 

 

私は昔、「美白命!!!」で
当時はお部屋に差し込む日光でさえも
「日に焼ける~~~!!」と
「カーテンを開けない」生活
を送っていました。

 

 

でもクリーンイーティングを
取り入れてから、
自然と太陽の光も好きになり、

 

毎朝カーテンをあけて太陽の光を
浴びるようになると

目も頭も心も
シャキッとする!

という変化をすごく感じています。

 

 

 

目覚めのスッキリさは
日光だけでなく
老廃物や疲れをためない巡る身体
=クリーンボディを手に入れられたから
ということも関係していますが、

 

それでもやはり、太陽の光のチカラは
とても大きいです。

 

 

 

なぜなら、
太陽の光をあびると
体内時計がリセットされ身体は目覚め、
幸せホルモン「セロトニン」が分泌されます。

 

 

そして、その14~16時間後に
セロトニンから「メロトニン」がつくられ
メラトニンの分泌量が増えていきます。

どんどん増えていくうちに
身体は眠る準備が整っていき
自然と眠たくなるのです。

girl-1733352_1920.jpg

 

 

では、セロトニンを増やすために必要な光は
どのくらいだと思いますか?

 

 

答えは
2500ルクス以上。

 

晴れの日の屋内は2500ルクス程度ある
といわれているので
室内でカーテンをあけるだけでも
体内時計はリセットしやすくなります。

(ちなみに晴れの日の屋外は
なんと100,000ルクス!
雨の日でも外なら5,000ルクスあります)

 

 

 

なので、朝起きたらまずカーテンをあけ、
日光をとりいれましょう。

 

 

 

ただ、
太陽の光を浴びることで作られる
ビタミンDは、
窓越しの光では作ることはできないので
(ビタミンDを作るのに必要な種類の光は
窓を通過することができないため)

15分~30分程度
で日光を浴びられたらベストです♪

 

 

 

 

毎朝の習慣に

・トリプトファンが含まれた食事。
・15~30分日光を浴びること。 

を是非意識してとりいれてみてくださいね♪

 

 

 

 

そして・・・
トリプトファンだけでなく
セロトニンを作るときに必要な炭水化物。

セロトニン合成を促進させる
ビタミンB6も一緒にとると
より質の高い睡眠につながりますよ。

(コールドプレスジュースに
パセリやパプリカもいれたら
どちらも摂取できます♪
そしてバナナも両方含まれています)

 

 

 

 

睡眠を制する者は
ダイエットも健康も美容も制する!

 

 

 

毎朝の習慣で
爽やかスッキリな1日を
スタートさせましょう^^

 

 

是非できるところから
とり入れてみてくださいね♪

 

 

 

-ダイエット 睡眠 方法 コツ, ダイエット 睡眠 質
-, , , , , , ,

Copyright© 30代からのクリーンダイエットコーチング|大阪難波にある女性のためのダイエット相談室 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.