ダイエット 食 ダイエット 炭水化物 ダイエット 食 方法 コツ

玄米を炊くときのコツ①

更新日:

クリーンイーティングで大切なことのひとつに、

「どれだけ体の中をきれいにできるか」というものがあります。

なので例えばごはんを食べる時、

クリーンイーティングでは

白米ではなく玄米をおすすめしています。

今日は玄米を炊くときの注意点をお伝えいたします。

 

 

こんにちは。
ニューヨーク発!
30代からの一生太らない食のマインドを創る
クリーンダイエットコーチ 平野優子です。

Clean eating
Clean sleeping
Clean exercise

という3つの要素から、

「痩せ体質」と「幸せ体質」を手に入れて
終わらないダイエットから卒業する方法
をお伝えしています。

 

 

前回は玄米を食べるとどんな嬉しいことが起きるの?

ということについて書きました。

クリーンイーティングのコツ~白米から玄米でダイエット~

 

今日は実践編!

炊くときに注意することをお伝えいたします♪

 

まずひとつめ。

 

それはお水につける。

 

ということ。

 

 

玄米をお水につける理由はいくつかあります。

 

①消化しやすくするため

玄米って周りが固い表皮でおおわれているので

そのまま食べると消化しづらい。

なので、お水につけて吸水させることにより消化しやすくなります

 

②有害な物質を取り除くため

玄米などの種は

自分の身を守るための成分を持っています。

なので、玄米を毎日食べて

その成分が私たちの体に入ることで

エネルギーをつくるミトコンドリアが攻撃されてしまい

低体温の原因になる恐れがあると言われています。

 

低体温だと酵素が働きづらくなってしまいます。

(酵素は高温に弱いけど低すぎても働きづらいのです)

それだけでなく、万病の素とも言われる低体温は、

不妊、癌、免疫力の低下などに繋がる恐れもあります。

ですが、

水につけて芽が出る準備が整うことで無毒化されるので安心です。

 

③栄養価がアップするから

浸水して発芽の準備が整うことで

栄養価がさらにアップするといわれています。

特に玄米に含まれる

脳の疲れ解消やストレス緩和に役立つGABAは

浸水8時間くらいで10倍程アップするといわれています。

 

ちなみに、

お水に浸ける時間は諸説ありますが

私は、丸1日お水に浸けたものを炊いています。

(つけていたお水はそのまま炊かず、洗い流しましょう)

 

 

お水につけてから炊いたほうが

柔らかくお味も美味しくなるので

玄米を炊く前の浸水おすすめです。

 

次回は注意点の続きをお伝えいたします。

-ダイエット 食, ダイエット 炭水化物, ダイエット 食 方法 コツ
-, , , ,

Copyright© 30代からのクリーンダイエットコーチング|大阪難波にある女性のためのダイエット相談室 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.