未分類

味付きのお水を火にかけるとどうなるの?実験結果からわかる含まれているもの

投稿日:

 

ニューヨーク発!
30代からの
一生太らない食のマインドを創る
クリーンダイエットコーチ
平野優子です。

 

今日は昨日の続き。

 

ここ何年かよく目にする
【●●味】のお水。

 

これを火にかけたら
どうなるかという実験です。

 

では早速実験結果をご覧下さい♪

 

①味やフレバーつきのお水として売られている清涼飲料水を少量鍋にいれて、日に書けます。

1.jpg

さて、どうなるでしょうか♪

 

②だいぶ水分が減り・・・

2.jpg

おっと、なんだか茶色くなってきましたね!

 

③さらに火にかけていきましょう!

3.jpg

 ④さて、ここで残ったのは・・・・?

 

どーん!!!

 

o0480064113966205181.jpg

お砂糖が焦げたときによく目にするカラメルのようなもの。 

 

味付きのお水は透明なので一見すると

「お水に香りや果汁をいれているのかな?」と思われがちですが
上の写真をみると

「これはお水ではない!!」

というのが一目瞭然かと思います。

 

では、なぜこのようなものが鍋底にこびりついてしまったのか

商品の裏側=原材料表示

を見て、検証していきたいと思います。

 

このミネラルウオーターには、
糖類(果糖、砂糖)・・・以下略(香料や酸化防止剤など7種類の添加物記載)

 

細かい添加物名は記載しませんが、
見てわかるように
ばっちりと「糖類」が含まれています。

 

しかも「糖類(果糖・砂糖)」とありますが、
果糖は果物のことではなく
ブドウ糖果糖液という非常に質が悪く安価な甘味料です。

 

これを見て、
お水として飲むのは少し違うのではないかな?

と少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

コンビニやスーパー、自動販売機で売られている味付きのお水を飲むときは
お水ではなく、
お砂糖が豊富に含まれたジュースである

と知ったうえで、選択するのがいいかと思います。

 

お水は余分なものがはいっていなくて
体にとって欠かせない体の中を綺麗にしてくれるもの。

 

 

なので、体にいいお水だからという理由で
味付きのお水を購入しようとしたときは
是非一度、原材料表示をチェックしてみてくださいね!

 

原材料表示を見る力が付くと
・「パッケージ=見た目」に惑わされずその食べ物の本当の姿
・作り手の気持ち(どんな想いやこだわりで商品を作っているか)
が読み解けるようになり、
なかなかおもしろいです。

 

 

大切な方とご自身を守るための一歩として、
原材料をみてみるところから始めてみましょう♪

 

 

それでは今日はここまで。

おやすみなさい^^ 

-未分類

Copyright© 30代からのクリーンダイエットコーチング|大阪難波にある女性のためのダイエット相談室 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.